2012年09月26日

木製のサッシ。

おはようございます。

今日は秋晴れの良いお天気です。



先日、とある建具メーカーさんに来ていただき

木製の扉や窓を見させていただきました。

外に面しているのに木製ってどうなの?!と思うかもしれません。

私もそう思っていた人間の一人です。




しかし、この日その概念はくつがえされました。





このメーカーのサッシは海外で30年もの間支持されており

2重窓ならぬ3重窓で、Low-Eガラスを採用していました。




なので断熱性や気密性はもちろん、水密性や遮音性にも優れているのです。

夏は強い日差しの侵入をカットし、冬は暖房の熱を室内へ反射させ暖めます。




見た目はもちろん木製なので可愛らしさもありながら

気高く凛としており、機能性も超めじろ押しのサッシでした。

難しいことを言うとキリがないので省略しますが…

国内産のサッシに負けず劣らずでした。




005.JPG



弊社の社員でこちらのメーカーに興味を持ち、偶然にも

社長の高校時代のお友達がされている会社が取扱いされていたので

じゃ〜一度!という感じで来ていただいたのですが

感動してみんなして携帯で写真撮影会。



001.JPG




続いてはドア。

木製ドアは日焼けして反るのでは?という心配がありますが

中は硬質ウレタン、外はガルバリウム鋼板と扉の単板でサンドイッチする

ことで、反りを防ぎます。



中のウレタンが高い断熱性を保ち、

ハンドルや鍵も一つ一つ重厚感があります。

扉が一つの作品であるような風情を醸し出しています。



私たちが見たのはミニサイズの扉でしたが

それでもがっしりしており、かっこいい扉でした。




006.JPG




偶然ながら良い出会いでした。

木製というのは経年劣化するものかもしれませんが

その風情を家族で味わいながら暮らしていく…

そんな生活に憧れを抱き、夢を馳せました。







016.jpg
posted by 福祉スタジオ/イエリHOUSE at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月19日

北欧家具屋めぐり。

涼しくなりましたが季節の変わり目でしょうか。

ブーツや秋色ファッションに身を包めた方をもうお見かけします。

良い季節がやってまいりました。

芸術の秋…ですね。



私は芸術はおろか、流行のファッションのセンスもなく

セール品で満足するタイプの人間ですが

最近はとある方の言葉を聞いて、良いものも見て

目を肥やそうと奮い立ち、毎週広島市内を縦横無尽に

駆け回っています。



しかしそう簡単に目は肥えないので

日進月歩で40歳を超えたくらいには

なんとなく「違いの分かる女」(♪ダバダーと聞こえてきそうです)

になろうと夢見ています。



P9153002.JPG



写真は先日はじめて訪問したインテリアショップにて。

こぢんまりとした10畳程の空間に北欧の家具や雑貨が

わんさか溢れておりました。



ついつい一瞥しながらサーっと進んでしまいそうですが

一品一品、お店の方の思い入れは強く…

説明を聞きながら鑑賞するのはとても贅沢です。

その内、奥の棚からアンティークのお皿を出してくれたり

紅茶を出してくれたりと

何とも心温まるインテリアショップでした。




P9152989.JPG



写真はいくら撮影しても良いですよ,と言って頂いたので

カメラ大好きな私としては、たまらない時間でした。

結果、店内でカメラ小僧と化したのはいうまでもありません。



P9152994.JPG





1に勉強、2に勉強、

この熱意がいつか身になると信じて

3,4を飛ばして、5に勉強。
posted by 福祉スタジオ/イエリHOUSE at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記